FC2ブログ
----------------------------------------
rogo.png
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

atelier nari

Author:atelier nari
~Flower design Atelier Nari~

はじめまして!
代表の山本菜里です。

「アトリエ菜里」は
フラワーレッスン、ギフト
ウェディングブーケなどをご提供する
完全予約制・少人数制
フラワースペースです。

当アトリエには
作り置きの商品やサンプルは
置いておりません。

それは
より新鮮な材料を使い
完全オーダーメイドの
商品やレッスンを
お客さまにお届けしたいから。

また、
フラワーデザインアトリエ菜里本校を含め
アトリエ菜里のレッスンを受けられる
ブランチ校も設置。
いずれの教室も
フラワーデザインのプロフェッショナル講師が
皆さまのフラワーデザインライフを
真心こめて全力で
サポートいたします。

もし、ご興味いただけましたら
まずは下記アドレス
atelier.nari@gmail.comまで
ご連絡ください。

リンク
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
訪問ありがとうございます♪
現在の閲覧者数:

1年のスタートです。

Thu.01.04.2010 0 comments

今月のシーズンレッスンは
「お花とお菓子のバスケット」「母の日に贈るプリザのフレーム」
詳細は
さとと-花ピンクアトリエ菜里HPさとと-花ピンク
やじるしやじるしやじるしやじるしやじるしやじるし







bbp_20100401110139.jpg
とっても荒い画像ですみません・・・。


これは7年程前、私がフラワーデザインのお仕事を始めたばかりのころ
ご依頼いただき作ったウェディングブーケです。


お花が大好きな花嫁様で
大好きなカラーと、黄色のガーベラを入れること
パールを間に入れること
コロニアルブーケ(円形のブーケ)の形で、アイビーを数本垂らすこと・・・
等の
ご希望に沿って制作しました。


お花の本数が多く
ナチュラルスタイル(自然の茎をそのまま束ねたもの)で制作したので
どうしても持ち手の部分が太くなります。
そのため腕で抱え込むように持ち、横向きにアイビーのつるが
こぼれおちるように持っていただくデザイン
に仕上げました。


まだ、数回しかブーケのお仕事をしたことがなかった、当時の私。
「その割には、よい作品ができた!」と
自信たっぷりに、新婦様にお届けにあがりました。


さて、挙式直前・・・
新婦様の写真を撮ろうと待ちかまえていると


なんと
腕で抱え込むように持っていただくはずのブーケを
持ちにくいでしょうに片手でどうにか持ち
手先から横向きに、こぼれるように流していただくはずのアイビーを
真下に垂直に向けて持って登場されました。


ちょっと、想像しにくいかもしれませんが
上の写真の向きを90度変えた
bbp_20100401112125.jpg
こんな向き


で、持っていらしたんですね。。。


本当は、ここで
持ち方を変えて差し上げなければいけないのですが
当時の私は、どうしてもそれができませんでした。


なぜなら・・・
アイビーの向きが、どちら向きがいいのか
本当はティアドロップ型(つるが真下に流れるようなブーケ)を
ご希望されていたのかも!?
その大事な部分を、何も聞かずに勝手に
抱え込む形がオシャレで格好いいと!決め込んで
自信満々でブーケを作り上げてしまった
浅はかな自分に、はっと気付いたから・・・。



本当はティアドロップ型のブーケをご希望されていたのなら
ここで向きを変えてしまわない方がいいのかも?
でも、今のままではきっと持ちにくいしそれに不自然すぎる。。。
どうしよう、どうしよう??


・・・と、おろおろ考え込む私をよそに
新婦様は幸せそうに、会場に入っていかれました。。。


おそらく、ブーケの「向き」については
特に気がつかれていなかったかもしれません。
ですが
お二人の大事なアルバムに、
今もきっと大切に残されているブーケなのです。


もっと、きちんとお打ち合わせをしていれば
私の中に、変な自信と「おごり」がなければ
もっともっと、新婦様に満足いただける
綺麗なブーケができたはずなのです。



この日以来、ブーケのご依頼を承ったお客様とは
なるべく、しつこい位
お花の一輪一輪まで
ご希望を伺って、お打ち合わせをするように心がけています。


フラワーデザイナーのお仕事は
一見すると、とても華やかで
ちやほやされることが多い仕事です。
だから、時々デザイナー自身が忘れてしまうことがある。
「花はいつでも、主役を引き立たせる脇役であること」に。
「自分たちが花を操る主役なのだ」と、勘違いしてしまうことが
往々にしてあるんですね。。。


だから、私は上記の写真を
当時のおごりのあった自分を忘れないように
お守りとして、大切にアルバムに携帯しています。
お客様にも見せています。
「素敵なブーケですね!」と言われる度に
自分をリセットできるように・・・。


このブーケを納品させていただいた新婦様とは
挙式の日以来お会いしておりませんが
もしお会いできるのなら
是非、当時のお詫びとお礼ができれば、思っています
もしも、このブログをご覧になっていたら
ご連絡いただければ嬉しいです。


今日は4月1日。
多くの企業や学校が「1年のスタート」をきる日です。


私も、「1年のスタート」に
初心を思い出すつもりで、この記事を書いてみました
長文にお付き合いいただきありがとうございました


今日から、新しい環境を始める皆様も
昨日からのお仕事の続きを始める皆様も
気持ち新たに、清々しいスタートを始められますように・・・。











♪ランキングに参加中です♪
125_41_z_nanohana.gif

125_41_z_umi.gif

スポンサーサイト



topTop